あわしま堂の歩み

あわしま堂のこれまでの道のりを振り返ってみました

*

1927(昭和2年)
木綱勝三郎が個人営業で和菓子の製造、小売を開始

創業当時の社員とともに

当時の営業車 軽三輪 マツダK360

1948(昭和23年)
木綱勝が事業を継承。卸売りを中心とした営業を開始
1960(昭和35年)
製造の機械化を開始

木綱勝|昭和30年頃の製造風景|当時はひとつひとつ手作り

1966(昭和41年)
八幡浜駅近くに工場移転
1968(昭和43年)
株式会社あわしま堂製菓を設立
(資本金300万円)

旧本社工場(現 保内第1工場)・昭和40年竣工

保内第1工場・現在周辺の風景も様変わり

1974(昭和49年)
愛媛県八幡浜市保内町に新工場
(現在の愛媛第1工場)を竣工、本社を移転
1975(昭和50年)
松山市に松山支店を開設
1976(昭和51年)
株式会社あわしま堂に社名変更
(資本金2100万円)
1986(平成元年)
CI導入。
(資本金9628万円)
1993(平成5年)
資本金を2億1393万円に増資
1995(平成7年)
現在の本社工場および
新事務所の竣工本社を移転
1999(平成11年)
京都伏見工場(現在の京都伏見第二工場)
を竣工および京都支店開設
2007(平成19年)
京都伏見第一工場を竣工

本社工場・平成7年竣工|一般の方にも工場見学が可能に

京都伏見第二工場・平成11年竣工関西のエリアの拠点として

京都伏見第一工場・平成19年竣工京都は二工場体制で商品供給がさらに強化

2009(平成21年)
名古屋支店を開設
2011(平成23年)
東京支店を開設
2015(平成27年)
栃木佐野工場を竣工
北関東支店開設

*